無料ブログはココログ

« 大塚英志/大澤信亮「『ジャパニメーション』はなぜ敗れるか」 | トップページ | 倉田英之 スタジオオルフェ「R.O.D.」 »

2006年5月28日 (日)

130cm「彼女たちの流儀」体験版

- 製品情報 -
発売日:2006年6月23日
ブランド:130cm(18禁)
詳細:作品紹介ページ(18禁)

デモ情報:
体験版,デモムービー,主題歌, BGM, 特典CDデモ等
まるちいんさいど。様ミラー(18禁)

「未来にキスを」(18禁)のハマりっぷりにてっきり私は元長信者なのかと思っていたらどうやら13cm信者でもありそうな予感のする今日この頃皆様如何お過ごしでしょうか、オハコンバンチワ、机上の九龍です。とはいえこれは姉妹ブランドの130cmなんですが。ところで13cmの由来って男性の…これ以上は私の口からは言えませんキャー。今更恥らっても本性バレバレです自分。

さて、ゆるゆると始めてみたんですがこの体験版、一通り紹介ページに目を通しておかないと何がなんだかわかりません。まぁ直感とADSLの力技で無理矢理体験版を落として始める私がそもそも悪いんですが。(汗)体験版の中でキャラ紹介とかもしちゃうだろうと思って進めていたら展開が急過ぎて誰がどんな人なのかわからないまま時は流れて、浮かんでは消えて行きそうだったので慌ててブラウザ起動して紹介ページを読み返したアホは私です。あらあらうふふ。体験版だからぐだぐだした部分を省いたのなら良いんですが、製品版もこうだとしたら少々不親切な気もしますがどうなのかな…。普通は説明書とかちゃんと読むのかな…。

作品紹介を読む限りではバカでかいお屋敷の中に双子の姉とメイドさんが居て、実はお姉さん達は吸血鬼だったのです…というそれ何て(机上さん的に都合の良い)月姫?という感じの、いかにもグロっグロな伝奇モノの雰囲気を醸し出していらっしゃるんですが、体験版には吸血鬼の伏線はちらほら見え隠れするものの、お姉ちゃんずは主人公を強ち嫌っている訳でもないみたいだし、仲の良い同級生との学園生活やボクっ子の後輩、主人公嫌悪タイプのツンデレさん達との部活動を素直に楽しむのが宜しいかと。腹式呼吸の会得方法なんかに「へぇ~」と関心したり、お姉さんのガラッと変わる芝居も部屋の空気が変わったかと思うほどぞくぞくしたり、公式のストーリーをすっかり忘れるほど青春群像学園ドラマ風味でした。このまま20日後の文化祭の劇を成功させれば性交出来ちゃうんじゃn(殴

…とはいえ、でもこれきっと130cmの罠なのよね。

ああそうさ、もう騙されませんよ13cm!表面上は平凡なエロゲに見せかけておいて実は酷い鬱ゲーだったなんてことはしょっちゅうですからね。パッと見が平凡であればあるほどとんでもねーゲームを作る13cm…恐ろしい子!いやだからコレ130cm…。(汗)

逆に気になるところは鳥羽莉姉の吸血シーンのCG。これは私が嗜血妄想の持ち主だからかも知れないのでグロ嫌いな方はこの辺すっ飛ばして読んで欲しいんですが、余りにも血の描写が適当。別にどろどろと流して欲しいわけじゃないけど、ちょっと身体を垂れ落ちる曲線と粘り気が少ない様な…。もう少し描き込んで欲しかったなぁという感じでした。残念。

ヒロイン群は先述の通り、恐ろしく一通り揃っていらっしゃいます。個人的にはお姉ちゃんが双子ってだけで「おぉっしゃ貰ったぁぁぁァァ!」って勢いですが。どんな勢いだ。片や冷たくて圧倒的に怖いお姉さんで、もう一人はのんびりしたお姉ちゃん。どちらも主人公につれないけど毛嫌いしている訳でも、逆にベタベタなわけでもないという距離感が個人的にたまりません。何か主人公に行動を仕掛けてきて、主人公が従うと素っ気無く返されたりとか、そういう感情的な焦らしが良い感じです。焦らされて感じちゃうなんて…くやしい…でも…(ry
それからこの凛々しいメイドさんはどうなのよ。バイクで弁当届けに来ちゃうとか、んもう超かっけぇ!これはもうアレですね、彼女は実はどこぞの組織の代行者でお姉ちゃん達を始末しに来てて、メイド服の下の黒ガーターには拳銃が隠してあってやがてお姉ちゃん達の暴走が始まった時にシルバー製の弾丸をロードシルバーカートリッジてーっ!てな感じでうおっまぶしっ

…妄想が暴走してるのはわかるけど落ち着け自分。 _| ̄|○

もとい、この3人だけでも個人的には興味アリアリおっけーい。他の3人は殆ど伏線が出てきていないだけになんだか想像し難いのですが、むしろこの3人のルートが吸血鬼設定すっ飛ばしの単なる青春群像だったりしても面白いかも知れませんね。…って、相変わらず年下には冷たいね、自分。(スイマセンー

絵は…人を選ぶでしょう、恐らく。私も「お姉ちゃんの3乗」のドラマCDとかで見ていなかったらちょっと拒否反応が出たかも知れません。描き慣れている線だけどややクセが強いので。姉ゲーとして見るには頭身も小さめだし、それから主人公がショタっ子なのでそゆのがダメな人はダメかも知れません。音楽はMIDI臭い音ですが曲自体は悪くないです。ただ恐ろしくピッチベンドやモジュレーション(音がもにょっとする系)を使い過ぎてて気持ち悪い曲も少々…意図的に不快さを出しているとしてもアレは生理的にきつい。システム周りはちょっと古めかしいけど困る程じゃありません。それから一応エロゲ部分もあります。

てな訳で私はコレ気になります。恐らく意外な方向へものがたりが転んで行きそうなので購入にはバクチ的な部分もありそうですが、そういうのが好きな人はやってみると面白いかも知れません。私的には非常に好み。むしろ望むところだ!

…とはいえ、ワタクシ来月は特に貧乏さんなのよね…まじぽかDVD-BOX予約しちゃったし。(凄ェ私用…)嗚呼しかも予約キャンペーン期間が30日までなんて…てー…てー…。(フェイドアウトです念のため)

« 大塚英志/大澤信亮「『ジャパニメーション』はなぜ敗れるか」 | トップページ | 倉田英之 スタジオオルフェ「R.O.D.」 »

「体験版」カテゴリの記事

コメント

机上さん久々の体験版レビュー!
夏コミに当選できたお陰で姉ゲー批評執筆の意欲を盛り上げようというときに読むと凹みます。己の稚拙さとのギャップに。
コミケのような人混みはお嫌いですか?
お時間があれば、ぜひ全姉連スペースへ。
そして、ゴーストライター契約の交渉を。

そうそう、まじぽかマジックにやられてしまったのですね。
錦糸卵とマジカルVはアホの子みたいに繰り返し見た私もです。

「彼女たちの流儀」について何も触れてないコメントごめんなさい。

いえいえそんなに誉められても何も出ませんよお代官様。(笑)
コミケ当選おめでとうございます。
実はこっそりコミケで全姉連の冊子(というか間に合わなかったので準備号)を買わせて頂いたりしてるんですよ。なんちゅうかこう、細かく分析してあって、私こそ「脳味噌から垂れ落ちたまんま書いてる自分とは”格”が違うッス総長…」と_| ̄|○してたりするんですけどもね。後悔はしている。反省はしていない。(しろよ)

今年は行けるのかな…行けましたら是非お邪魔させて頂きますですよ。
ゴーストライターはブログ同様、垂れ流し文章で宜しければお手伝いしますよー。

まじぽかはハマりましたね…極上生徒会に続くグダグダ系ギャグアニメというか。私も錦糸卵とマジカルVは観返しました。き○たまー!(ヲイ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99873/10278198

この記事へのトラックバック一覧です: 130cm「彼女たちの流儀」体験版:

« 大塚英志/大澤信亮「『ジャパニメーション』はなぜ敗れるか」 | トップページ | 倉田英之 スタジオオルフェ「R.O.D.」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31